雪で東海道新幹線に遅れ

東海道新幹線は19日、東海、近畿地方の積雪のため、始発から下りは岐阜羽島-新大阪間、上りは京都-名古屋間で速度を落として運転した。この区間を通る列車に最大15分程度の遅れが出た。

 JR東海によると、東京発の下りや新大阪発の上りの列車は定刻で発車を続けた。

(共同)

nikkansports.comより引用しました。